遺伝ってオモシロイ。

【これは旧ブログの記事です。 写真のクレジットはスルーして下さい。】



**



今日はですね、クーちゃんの本当のパパとママを紹介したいと思います!

私は自分でクーちゃんママだと名乗っておりますが、旦那は俺はお前のパパじゃない!おじさんや!と言い張っております(笑)


確かに、私たちは本当のパパやママじゃないもんな。

私は育ての親!?だもんな。

それでも私は自分はクーちゃんママやといい続けるで~!!



こちらがクーちゃんの本当のパパとママです!

上がのっちゃん(パパ)で、下がアロンイ(ママ)だよ!




のっちゃんは昔は家で飼ってたんですが、自由に外を行ったり来たり出来るようにしてたため・・・

もう野良猫化してしまって、家には帰ってきません。


のっちゃんが家を出て、すぐにドーベルマンを飼いはじめまして。 (何でやねん)

のっちゃんが家に戻ってくるたびに吠えて、帰って来れなくなったのが原因だと思われます。

ホンマひどすぎ。


のっちゃんが帰ってこなくなってずいぶんと経ってからクーちゃんが生まれました。

じゃぁ、何でのっちゃんがパパだと分かるのか??



それは・・・・・・・・・多分です。  

(えぇぇぇぇぇ!?)



何でそう思うのかといいますと、のっちゃんがまだ家に居るころにのっちゃんとアロンイの間には子猫が生まれたんです。

ちょうどクーちゃんが生まれる1年ほど前。


その子猫がこちら。





クーちゃんとまったく一緒!!!!(笑)


めっちゃ面白くないですか??(笑)

猫ちゃんの名前はネロ() 


そしてもう一匹、ネロと一緒に生まれたのがネコ(♀) ←名前 笑

↓ この子です。 ↓



クーちゃんとまったく一緒!!!!(笑)


そして1年後、クーちゃんが生まれました。

クーちゃんのパパは誰か分からないけど、姉さんたちを見たらパパがのっちゃんだってことは一目瞭然(笑)


そして、そして!!

クーちゃんと一緒に生まれたのがソンイ(♂)

↓ ソンイ ↓



クーちゃんとまったく一緒!!!!(笑)

←もうええわ



いやぁ~遺伝って本当に面白い!!!

前にも書きましたが、家系でこんなにもタキシード猫生まれるってありえます??(笑)

以前の記事→ 何を食べたらそんなに・・・・


のっちゃんは茶色だし、アロンイは三毛猫だし何でこんな黒い子が多いんだろうなぁと思って

アロンイを赤ちゃんの時から育ててるお義母さんに聞いてみたところ・・・



アロンイのママ、つまりクーちゃんのばあちゃんが真っ黒の猫ちゃんだったそう。



なるほど~!!! ばあちゃんの血が濃いのね(*´∪`*)納得~


のっちゃんの顔と、クーちゃんの顔を比べてみるとやっぱりほっぺたあたりのモッフリ具合とか?

悪そうな目つきとかが似てると思うの。


今は野良猫になってしまったくせに、どこで何を食べてるのか体がめちゃくちゃデカい。

多分8kgくらいはあるんじゃないかな。

クーちゃんがデブというか、ガッシリしてるのも食べすぎの他にパパ譲りの体格ってのもあるんかも。

腕とか脚とか超ゴツイもん。

さすが男子!と言った感じ。


のっちゃんは猫界のヤクザ。

血だらけで、頭半割れでうろうろしてたりするからね。

戦う男です、のっちゃん。


呼んだら返事するし、めっちゃようしゃべる。

それもクーちゃんと一緒。 



親子は似るもんですなぁ。

猫村さん家のDEKOBOKOニャンズ!

可愛い3匹の成長期♥*